指導戦士ミラクルIII なぐりあいトラ

万策尽きたのか予定通りなのか知らんが 『正解するカド』 は

総集編を流すくらいなら第0話をTV放送した方がいいんじゃなイカ?

いま改めて観たら真道の印象も違うかもしれないし。

タイガーマスクW 第32話 「ランバージャック」

ミスXが春奈の成長を少しだが認めている!

とはいえ皮肉られながらも春奈は契約上最後の試合を了承。

今度の対戦相手はミラクル3!

そしてサードとの試合は未だ遠く。

その帰路、ナオトと春奈は大助さんを訪ねる。

これまでの過ちを詫びるナオトを笑って許す大助さん。

ナオトはタクマの様子を伺うが、未だ顔は合わせず。

そしてルリコさんへの思いは……

タイガーの新必殺技開発は続くが、大変な事態が発覚。

何と、タイガーマスクには突出した特技がなかった!!!

がーん! この期に及んでそんなこと言われても……

これまでの対戦相手の得意技を参考に、

繋ぎとして使ってみることを提案するケンだが突破口は見えない。

一方、新日はGWMとの3対3の試合に棚橋・永田・若松を投入。

ようやくの出番に喜ぶ若松だが、割と試合をしてきた印象なんだが!?

試合当日、春奈にはいつも通り接する若松だがタイガーの存在は無視。

あっ、春奈が 「若松選手」 ではなく 「若松さん」 と呼んでいる。

ギロッポンの焼肉が効いたのか?

ミラクル3の正体は虎の穴のコーチ。

と思わせて試合直前にふくわらさんが入れ替わるのかと期待したが

そのままだった。 えー。

そしてセミファイナルであるミラクル1・2・マイク対新日の試合に乱入、

見かねたタイガーが新日に加勢しリング上は大混乱、無効試合に!

そのままタイガー対ミラクル3戦に突入。

しかしこの試合はランバージャック戦! タイガーには圧倒的不利!

案の定、場外でミラクル1・2・マイクから総攻撃を食らうタイガー。

それを見つめる新日の3人は惨状を認識しつつ助太刀しない。

見かねた春奈が飛び込まんとするが……

まさかAパートでの特訓風景はこの伏線!?

せめてスプリングタイガーのマスクをだな……

が、当然の如く若松が制止。 さすがに危険すぎる!

それでも春奈は行かねばならない。

痛切な訴えと涙が若松の心を打つ…… のではなく、

それに対するリアクションを見せずオレが行くと告げる様がカッコイイ!

好きな女のためじゃあないんだ!

永田と棚橋も続く。 本当は助太刀したくて仕方なかったんだ。

春奈の涙はきっかけに過ぎないんだ! 不義理に対して義で接す!

「タイガーは敵じゃない!」 という若松の言葉、

フツーなら 「タイガーはオレたちの仲間だ!」 とかになるはずだが、

さりげなく微妙に複雑な現状を表していているような。

ようやく対等の試合に持ち込めたタイガー。

レスリングマスクの異名を持ち、地味だが技の一つ一つに

キレと重みがあると言われるミラクル3は強い。

が、逆に言うと知らない技はない。

それを悟ったタイガーがあっさり逆転!

解説のふくわらさんはミラクル3にも虎の穴の処刑が待つことを察する。

再び手を取り合うタイガーと新日軍団。

恩着せがましくせずいつも通りに軽く振る舞う若松がカッコイイじゃん!

今回の件で春奈との仲が1.5ミリくらいは進展したかも?

オーディン先輩同様、スタッフに愛されるキャラになってきたようにも

見受けられるな。

それにしても虎の穴のコーチであるミラクル3だが、

そもそもタイガーマスクが虎の穴出身ではないため、

折角の設定なのにドラマが生じようがなかったのは残念。

だからいっそふくわらさんと入れ替わってくれれば面白かったのに!