読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(社会)新薬の開発よりも重要なこと

癌の有効な治療法の1つとして現在注目されているものに、「免疫チェックポイント阻害剤」という薬剤を使う薬物治療法がある。こういう薬剤が開発されたこと自体は素晴らしいことだが、この薬の開発/製造コストは莫大であり、この薬剤を使用した療法が保険適用された結果、健康保険財政を著しく圧迫していることは周知のとおりである。一人の癌患者の治療プログラム中に使用される薬代は1000万円とも2000万円とも言われている。

医療経済の観点からすると、こういうお金のかかる高度先端医療を推進することよりも、貧困で医療を受けられない患者さんが医療が受けられるように国が支援することのほうが医療本来の実効性が期待できるし、社会の公正にも期するのではないだろうか。

********************************************************************

■貧困で病院に行けず、気づけば末期がんに 民医連調査の悲惨な事例

(キャリコネ - 05月19日 17:42)