PとJの輪舞曲(ロンド)22

「小百合さん、芝田先輩は、お付き合いしている女性がいるんです」「えっ?」芝田は驚いたが「あら〜ぁ、そうなの?残念だわ〜」小百合は明るく笑って二人をテーブルに案内した「何だよ、さっきの?俺が誰と付き合ってるって?」芝田は憮然として言ったが見当は付いているだろうから敢えて言う必要もない「ああ言っておいた方が、断りやすいでしよう?」でもまあ小百合の方も半分冗談だったろう「小百合さん、先輩みたいな逞し系が好きですけど、タイプとしては、もっと年上が好みですから」料理を注文し待っている間暁は臣の話を打ち明けた「…それじゃ、鷹取臣は、お前の幼なじみだったんだ?」臣はずっと忘れずに再会した時はすぐに判ったと言っていただが暁の記憶には無い「そこなんだよなぁ」「はい?」「お前、どうして覚えてないんだ?」どうして…って「そんな、幼稚園の頃の記憶なんて……」誘拐されかけたのは強烈な記憶だから残ってる「その後、お巡りさんにお礼に行ったのも、覚えてんだろ?」そこまで連続した記憶の中で「なんで、『オミくん』の記憶だけが抜けてるんだ?」芝田の指摘で気付いたそうだ入園式の日花を摘んで持って行ったのも覚えて\xA4

詈貎討僕鎮娜爐寮Ò類鮹紊擦討發蕕辰董屬匹Δ靴董▲汽箸世院△佞唎❹舛❹Δ痢€廚反屬い燭覆里僕鎮娜爐任竜⑱韻鰐気たА垢聞垰槪發Č砲せ槪癲悒Ś澆唎鵝戮伐瓩瓦靴親詎竜⑱韻世韻❺好奪櫂蠅犯瓦韻討い襪里澄屬匹Δ靴董~供帖€彈播弔畔未貮异阿傍△辰振任魯▲襯丱爐魴類辰寝針腓發亮命燭任い弔盒任領戮砲い訖叩屬匹Δ靴董〳个┐討覆い鵑澄€廛Ś澆唎鵑世韻鮨辰了槪世韻髻帖㯃㯃㯃㯃㯃屬┐叩¤舛腓辰函△△戝咩€廖崔里蕕鵝弔韻鼻∅焞蓮繊弯忉賓紊涼覽戮澡任伴播弔ⅱ瓩唎竜輟Д船А璽鹽垢帽圓海Δ範⑱爾鯤發い討い燭蕾燭笋藜㬢佞料觚鈇❹兇錣弔い討い拭屐腸燭任靴腓Δ諭€廖屬気△福€廖屬◆次Ľい燭い拭〻任咩舛鵝€很鄲世だ爾砲修舛蕕鮓ǂ襪函屬┐叩Ç僧換腓気鵑叩€弩譔従僂離泪奪船腓離Ś奪汽鵑ⅷ蠅鮨兇辰討い拭崗僧換腓気鵝△匹Δ靴燭鵑任后¤覆砲ʔ△△辰燭鵑任垢ʔ€廖屬Δ佞奸△垢粥舛唎いせ槪❹△辰燭痢Ą彌⊃♣茲ⅲ茲泙辰燭痢Ą屬海譴如▲丱ぅ叛験茲箸Ľ気蕕个茵繊廚發Υ鬚靴唎辰憧鬚靴唎辰董嵎拡唎靴董▲蹇璽好肇咫璽婪遒辰舛磴辰拭Ą很邵撻汽薀世抜❹Ⅷ濵覆發△襪ǂ蕕Ő襪竿咾某¤戮橡鯥未両个澆脳僧換腓呂困辰靴蠅判鼎ど焠ど瀛颪澆鮗蠹呂靴拭崕⊃♣茵\xA9

…あ!」小百合は以前暁に「私、本当はベンチャー企業で、経理や営業の仕事がしたいのよ」でもこの外見だから応募しても悉く門前払いなの能力は誰にも負けないと思うし誠心誠意働くつもりでいるわ「究極の夢は社長秘書よ!」と言っていたつづく