詩編78章4節 子孫に隠さず、後の世代に語り継ごう

4節 

子孫に隠さず、後の世代に語り継ごう/主への賛美、主の御力を/主が成し遂げられた

驚くべき御業を。

モーセイスラエルの民をエジプトから脱出させるため神様は海を開き民を渡らせました。

40年の間、荒野でさまよう中でも降ってきたマナを食べ水をお与えになり命を守られた。

聖書は王やイエス様の弟子のことも、罪や弱さや裏切りなどを隠すことなく記しています。

すべてを光に出すことを赦されている。神様はイエス様を十字架に架けてまで我らの罪を

お赦しになられた。主のご愛や奇跡のみ業を後に続く子や孫や全世界の人たちに語り継いで

いくのが先に救いに預かった者の務めと言っている。信仰の種まきによって実を結びたい。

日曜日は神様が祈りを聞いてくださり、待ち焦がれていた教会へ行くことができました。

日曜に礼拝に行けることがこんなにもうれしいことなんだあと改めて思わされたのです。

礼拝堂で祈りをお捧げし、先生にみ言葉から語っていただき、皆で賛美する。主の祈りと

詩編交読と使徒信条も心の中でアーメンと言いながら神の家族たちと唱えることの幸せ。

夫や息子も参列できたらと思いました。息子は疲れるからか自宅でくつろぐ方を選びます。

ちょうど母の日でもあり、毎年カーネーションの献花をしてくださっている姉妹が今年も

飾ってくださいました。ご高齢で欠席が多くなられ、教会には来られませんでしたが皆が

カーネーションをたのしませていただけたのです。イエス様もお喜びでおいでのことと。

礼拝後は墓前礼拝で何名かの兄姉たちの納骨式もありました。ご両親のお墓をどうしようと

悩まれていた兄弟も教会のお墓に改装なさることに。ほっとなさったことと主に感謝です。

今日は息子は機嫌よく通所へ出かけました。土日をゆっくり休み「がんばろう!」と玄関へ

入っていく姿に、イエス様が伴ってくださってるゆえの自信のようなものが感じられました。

思えばもうこの通所に通い始め22年ほどでベテラン通所者です、主のお導きとお守りです。