東京遠征2日目(H29.4.28(金))その1

築地市場

最初は、まぐろの競り(5時受付開始)に行くことも考えていたのですが、前日も朝早かったので到底無理…ということで、ビジネスホテルが朝食として用意してくれた場外市場の店でまぐろ丼を戴き、その後築地市場と場外市場を冷かしてきました。

SNSとかで噂が広がるのでしょうか?

あちこちで外国人客の行列ができていました。

しかし…豊洲移転が相変わらず話題になっていますが、この場外市場も含めて築地ブランドで営業している店も結構ありますから、簡単ではないと思います。

また、東京都のPTが青果単独で豊洲移転といったことも打ち出していますが、食材を調達する側から言えば、魚と青果を別々に仕入れに行けというのは不親切に思えます。

取りあえず都議会議員選挙が終わるまでは旗色は明らかにしないという小池知事の方針でしょうか?

【大英自然史博物館展】

ブリューゲルの「バベルの塔」を見に行くことも考えたのですが、こちらは7月まで待てば大阪でも展示されるので大英自然史博物館展に行くことにしました

展示の目玉は始祖鳥の化石。

その他にもダーウィン種の起源の原稿や絶滅したモアの化石なども展示されていましたが、やはり知識がないと面白さは分かりません。

折角なので常設展も行ってきましたが、とにかく広い!

展示を見たというより歩き回ってきた…という印象ですが、最後の方で探査衛星「はやぶさ」の映画撮影用レプリカと、はやぶさが持ち帰ってくれたイトカワの微小粒子に出会うことができました。

こういうことがあるので、やはり集中力は切らしてはいけません。。笑

写真1:築地市場正門

写真2:始祖鳥の化石

写真3:イトカワの微粒子(拡大)