読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンドレ・ヴェイユ

 ̄ノ∀ ̄){《過去》1906年5月6日は、仲間と数学者集団「ブルバキ」なるもんを結成し、「数論」《※数、特に整数およびそれから派生する数の体系(代数体、局所体など)の性質について研究する数学の一分野である。整数論とも言う。…一品らしい。》、「代数幾何学」《※??…「代数」=特定の数の代わりとして用いられる文字・記号などのこと。…らしい。》に大きな業績を残しつつ、三部作『代数幾何学の基礎』、『アーベル多様体と代数曲線』、『代数曲線とそれに関連する多様体』なる著書を世に放ったらしきフランスの数学者【アンドレ・ヴェイユ】なるお方が誕生した日だそうな。

(※思想家の「シモーヌ・ヴェイユ」なる人物は妹らしい。)

(* ̄∀ ̄*)ノ{そんな「アンドレどん」のお言葉らしきお言葉がこちら↓↓↓

(σ ̄∀ ̄)σ★「数学は少数の天才によって進歩するのであって、2流以下の数学者たちは共鳴箱にすぎない。」

(σ ̄∀ ̄)σ★「神は存在する、数学は無矛盾だから。 悪魔は存在する、それを証明できないから。」

d(゜∀゜){数学は無矛盾、この世は有矛盾。

(BY・ご都合科学者・カポネ)