自転車屋の生き物歳時記 アオサギ

5月1日

月曜日

メーデー

自転車屋の生き物歳時記

アオサギ

昨日は

須磨一文字に釣りに行きましたが

釣りに行くと

いつもこいつに会う事が出来ますよ。

堤防に飛んできて

釣り人の様子を伺い

釣った魚の上前をはねようって寸法です。

アジやキスなら

すぐに持って行くけど

スズメダイやイソベラなら

見向きもしませんよ。

魚の美味い不味いを

ちゃんと知っていて

見極めているんですね

アオサギ(青鷺、蒼鷺、Ardea cinerea) は、

ペリカン目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。

アフリカ大陸、ユーラシア大陸

イギリス、インドネシア西部、

日本、フィリピン北部、マダガスカル

夏季に

ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、

冬季になるとアフリカ大陸中部、

東南アジアなどへ南下し越冬する。

アフリカ大陸南部や

ユーラシア大陸南部などでは周年生息する。

日本では

亜種アオサギが夏季に

北海道で繁殖のため飛来し(夏鳥)、

冬季に九州以南に越冬のため飛来し(冬鳥)、

本州・四国では周年生息する(留鳥)。

全長88 - 98センチメートル。

翼開長150 - 170センチメートル。

体重1・2 - 1・8キログラム。

メスよりもオスの方がやや大型になる。

頭部は白く、

後頭に黒い羽毛が伸長(冠羽)する。

眼上部から後頭の冠羽に繋がるように

眉状の黒い筋模様(眉斑)が入る。

上面は青灰色、

和名の由来(漢字表記の蒼はくすんだ青色のことも指し、中国語名と同一)になっている。

種小名cinereaは

「灰色の」の意で、英名(grey)と同義。

背の飾羽は灰色。

下面は白い羽毛で被われ、

胸部の羽毛は伸長(飾羽)する。

前頸から胸部にかけて

破線状の黒い縦縞が入る。

側胸や腹部は黒い。

雨覆の色彩は灰色で、

初列雨覆や風切羽上面の色彩は黒い。

人間でいう手首(翼角)の周辺には

2つの白い斑紋が入る。

嘴は黄色。

虹彩は黄色。

後肢は暗褐色。

若鳥は上面が灰褐色、

頭部が灰色の羽毛で被われる。

若鳥や冬羽は上嘴が黒ずむ。

眉斑は不明瞭で、後頭に冠羽が伸長しない。

繁殖期は眼先がピンク色で、

嘴や後肢の色彩もピンク色。

非繁殖期は眼先が黄緑色で、

嘴や後肢の色彩が黄色。

メスはオスと比較すると

冠羽や飾羽があまり発達しない。