読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでかけ 2016・4・23  狭山・街歩き

 日曜日、西武球場の近くに行ってきた。

 私が、「へら型葉っぱの紫の日本スミレ、ほしいなー」なんて言ってたからかなあ? 最近何故かFさんがスミレにハマっている。先週末も珍しく、「日曜は出掛けるから日本スミレの咲いてそうなところを検索しておいてよ」なんて言われた。なので、早速検索。結果、「高尾山は日本スミレの宝庫」なんてのを見つけた。読んでみると、どうやら何種類かの日本スミレが咲いているらしい。…でもなー、山登りは体力的に自信がないし、乗り物を使ったんじゃあ、地面に咲いてるスミレは見られない。他に世田谷の方にもスミレが何種類か咲いてる公園があるみたいなんだけど、もっと近場でどこかないものかなあ…? そんなふうに思いつつ、ガイドブックを見ながら眼を点けたのが西武球場の近くにある『トトロの森』。ここなら、自然一杯だし、林道みたいなのもあるし、咲いていそうじゃない?

 この公園は狭山湖畔にあるみたいなので、とりあえず狭山湖を目指す。

 湖近くの有料駐車場にクルマを止めて散策スタート。

 まずは狭山自然公園へ。

 公園入り口ふきんでタンポポの綿毛発見♪ せっかくなので、タンポポ鉄道で出発進行ー♪♪

 程なくして見えたのはハナミズキの樹。真っ青な空に真っ白い花がよく映えてすごくきれいだったなー♪

 狭山湖畔の堰堤から見えた景色。

 空が広くていいな−。こうゆうところで、朝日もしくは夕日をみてみたい。家の付近は屋根ばっかりで空は狭いから、朝日はまったく見えないし、夕日もほとんどみられない。空に加えて眼下には湖ってのも羨ましい景色だなあ…。

 さて、湖畔の景色をひとしきり堪能した後、ガイドブックの道順に従って湖から離れて街中におりる。

 街中の景色。

 カエデ

 ちょうどカエデに太陽がかかって、葉の隙間がきらきらしてたので、光芒を撮ってみた♪

 新緑のカエデもいいね。空の青によく映えてすごくきれい♪

 ドウダンツツジ

 白い鈴型の花がかわいい♪

 フジ

 …それにしても、歩いても歩いてもトトロの森になかなか着かない。町内地図のとおりに歩いても、人に道順を聞いてあるいても、ただ街中を歩くだけ。出発してそろそろ2時間近く経っていて、足は痛いしおナカも減った。どこかで食事をと思っても、今度は飲食店がないっ。やーっとみつけたおそば屋さんは定休日で、次にみつけたイタリアンのお店はかなりお高そう。へろへろになりながらなんとか見つけたのがバーミアン。他にお店がなさそうなので、休憩を兼ねてのお昼に飛び込んだ。(うー、足が痛いよ−、べそべそ)。

  注文したのはエビチリ。久々でおいしかったー♪♪

 さて。少し休んで、ご飯も食べて、体力も少し復活。再び歩き始める。

 これは何の花かな? 葉っぱをみるとハナミズキの感じがするので、八重咲きのハナミズキなのかな? 

 個人宅で大切に育てられていた花。名前はわからないけど、かわいくてついパチリ。

 それにしても、トトロの森っていったいどこー??? ちーっともたどりつけないんですけど???

 

 もうトータル3時間以上は歩いてるのに、ちーっともたどりつけない事に焦れて、メンドくなってきた。なもんでここでUターン。さらに1時間近く歩いて駐車場へと戻る。

「いったい何のために出掛けたんだか」

「いーんだもーん。今日の目的はスミレとスズランをとることだもん。目的ははたしたもーん」

 

 な、訳で、この日の目的、個人宅や道端で見つけた日本スミレの写真。

 上3枚は、よく耕された畑に生えていた。土が軟らかいのですぐに引っこ抜けそうだったけど、よそ様の畑のものだし…。とるのは写真だけで我慢した。(畑の持ち主さんがいたら、貰えないか頼めたんだけどなあ…)。

 個人宅の鉢に咲いていた子。斑点つきなんてはじめてみた。

 お次はスズラン。

 こうしてみるとスズランのあるお宅ってけっこう多いんだなあ。スズランは地下茎が横に伸びて増えてゆくから、スミレみたいに道端に種を落としてくれなくて、どの子も敷地の中に生えていた。最後、土が軟らかかったので試しに指をめり込ませたら簡単にめり込んだけど、地下茎がつながっていたのでひっこぬけなかったな。…もっとも、簡単に引っこ抜けそうでも、よそ様のお宅のを無断で引っこ抜いちゃったら犯罪だけど。

 〈オマケ〉

 西武ドームに向かう途中にコナズカフェがあった。見ると、駐車場近くの花壇に生えていたクローバーがかなりでかい。珍しいのでクルマを止めて写真だけ撮ってきた(コーヒーブレイクもしたかったけど、高いし、店員さんのサービスが今ひとつで、あまりいい印象がないんだよね)。

 …はっ。写真だから大きさがわからにゃーい 何か比較になる物を側に置いておけばよかったかなあ…。