install of Android Stadio

[#705]↓ここを参考にAndroid Stadioのdownload/installをする。

https://www.javadrive.jp/android/install/index1.html

↓Web page where we can download it.

https://developer.android.com/studio/index.html

download file: android-studio-bundle-162.3871768-windows.exe 1.8[GB]

初回起動時にプログラムの一部の機能がWindows firewallでブロックされて

いることを示す、dialogue boxが表示される。

名前: OpenJDK Platform binary

path: C:\Program Files\Android\Android Studio\jre\bin\javaw.exe

OpenJDK Platform binaryにこれらのネットワーク上で通信を許可する為に、

check box private network(R)をONにする。

初回起動時に、以下の前のAndroid Stadioの設定を使うか否かのdialogue box

が表示される。初回のインストールなので使わない方を選択。

You can import your settings from previous version of Studio.

◯I want to imprort my settings from a custom location.

Specify config folder or installation home of the previous version of Studio.

◯I do not have a prevous version of Studio or I do not want to import

my settings.

https://codezine.jp/article/detail/9341

↑ここの記述に従い以下の作業を行う。

[1]新規プロジェクトを作成

MENU file→new→new project

大体、一つの画面の操作が終わる毎に画面右下push button Nextを押下

(1) new project画面

application name: HelloAndroid

company domain: educator.example.com

project location: C:\Users\work\AndroidStudioProjects\HelloAndoroid

(2) target android devices画面 以下を指定

phone and tablet minimum SDK API: Android 4.0.3(IceCreamSandwich)

(3) add an activity to mobile画面

Empty Activityを選択

(4) customize the activity画面

activity name: MainActivity

layout name: activity_main

この後、Android Stadioでプロジェクト作成に数十秒かかる。

[2]AVD(Android virtual device)の準備

参考Web pageの記述のままに以下のAVDを作成

MENU tools→Android→AVD manager

(1) your virtual devices画面

画面左下+create virtual deviceを指定

(2) select hardware画面

category phone→Nexus5 4.95 1080*1920を指定

(3) system image画面

tag recommandedにsystem image4つが表示されている

青字でDownloadと表示されているものは選択する前にそれを押下して

ダウンロードする。以下のものを選択。

release name: Marshmallow

API level: 23

ABI: x86

target: Android 6.0(with Google APIs)

インストール時にcomponent installer画面を表示

htts://dl.google.com/android/respository/sys-img/google_apis/x86-23_r20.zip

をインスールして、以下のdirectory配下に関係ファイルを展開する。

C:\Users\work\AppData\Local\Android\sdk\system-images\android-23\google_apis\x86

↓インストール作業途中の画面

(4) Android virtual device(AVD)画面

選択しダウンロードしたAVDを表示

次画面に進もうとした時にIntel HAXM(hardware accelerated execution manager)

をdownload/installを指示するdialogue boxが表示される。

Intel HAXM is required to run this AVD. HAXM is not installed.

Install Intel HAXM for better emulation performance.

これをdownload/installする。

インストールしようとする時に以下の画面を表示

次にVT-xが動作不可でありBIOSの設定を変更することを指示するdialogue boxを表示

Intel HAXM is requied to run this AVD. VT-x is disabled in BIOS.

Enable VT-x in your BIOS security settings(refer to documentation

for your computer).

ASUS MEMO Pad7に適合したAVDを作成するために以下の操作を行う。

[2]AVD(Android virtual device)の準備

MENU tools→Android→AVD manager

(1) your virtual devices画面 上記と同様

(2) select hardware

new hardware profileを押下

configure hardware profile画面

device name: MemoPad7

device type: Phone/Tablet

screen size: 7

resolution: 1200*1920

memory RAM: 2048

以下を全てONとする

portrait, landscape, back-facing camera, front-facing camera,

accelerometer, gyroscope, GPS, proximity sensor

default skin: no skin

(3) system image

tag other imagesで以下のものを選択。公開日2013/10/31

release name: KitKat

API level: 19

ABI: x86

target: Android 4.4(with Google APIs)

以下のdirectory配下に関係ファイルが作られる。

C:\Users\work\AppData\Local\Android\sdk\system-images\android-19\google_apis\x86

PCを再起動してBIOSを変更する。

tab advanced→CPU→[6] Intel virtualization technology:

disable→enable

[3]AVDの動作確認と初期設定

AVD ManagerのNexus 5 API 23のActions列にある三角印ボタンを押下することにより、

AVDが起動する。

この画面右中のGO ITを押下してホーム画面にする。

ここでSettingをタップする。

この画面上で、言語・現在のキーボード・時間帯の設定を行う。

[4]sample applicationの試行

sample applicationの起動

MENU run→run App

AVDを選択する

AVDにアプリの画面が表示される

広告を非表示にする