読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【民進】そうなるでしょうね

民進、党分裂の萌芽 蓮舫降ろし加速も

http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130045-n1.html

以前からそうでしたが、蓮舫氏が代表になってからというもの「反対のための反対」であり、かつ「対案なき反対」の路線が明確過ぎる印象です。

与党が国として必要なことだとして提示した法案に対し、与党の支持率低下しか考えずに文句ばかり付ける政党は、正直言って政党の体を成しておりません。

政党の目的とは国をより良くすることであり、そのための理念を共有する者たちが集まって作った団体のはずです。

その理念を実現するために、「選挙に勝つこと」だったり「自分たちの支持率を上げる」ことが二次的な目的となります。

そして二次的な目的達成のついでに与党の支持率も下がればラッキーというところでしょう。

つまり「より良い国作り > 選挙に勝利&自分たちの支持率上昇 > 与党の支持率低下」という優先順位であるはずです。

ところがどう考えても今の民進党は、「与党の支持率低下 > 選挙に勝利&自分たちの支持率上昇 > その他」という風にしか見えません。

これは明らかに狂っています。

自分の友達さんは民進党をして「選挙互助会」と呼んでいらっしゃいますが、選挙互助会ですらなくなりつつある気がします。

少しでも雰囲気を察することができる人は、現在の執行部と距離を置こうと考えるでしょう。

「もう付き合ってられんわ」と離党することによって大きく距離を開けたのが長島氏であり、執行部の醜態に巻き込まれたくないと代行を降りたのが細野氏というところなのでしょうね。

■民進・細野代表代行が辞任=蓮舫執行部に打撃

(時事通信社 - 04月13日 15:01)