読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高松宮記念

高松宮記念

◎メラグラーナ

フィエロ

▲セイウンコウセイ

オーシャンS、シルクロードS,阪急杯で連対した馬がデータ的には非常に強い。

ただし今年の阪急杯はレベルが低い。

前走掲示板外からの立て直しはなかなか無い。

今週からBコースだがそこそこ馬場は荒れていて昨年の様な異常な高速馬場ではなく1分8秒くらいの決着に落ち着きそう。

レースをぶっ壊すレベルのハイペースを作る逃げ馬は今年は不在。

前半600mが33秒8〜34秒くらいのスローからの瞬発力VS先行差しの構図。

よってハイペースで前に行って粘り込むタイプは向かない。

馬体重が480kg以上ある馬格のある馬が好走している。

関西馬、特に栗東坂路調教馬が圧倒的に良い。

栗東坂路での調教タイムが良かったソルヴェイグシュウジ

ソルヴェイグは自己ベストを更新。

50秒9−11秒5。

見事な加速ラップで終い11秒5は非常に速い。

前走は明らかに休み明けの叩きという調教内容&体。

+18kgで成長分を差し引いても太かった。

ただし前で粘り込むタイプ、しかも初左回りがどうか。

1週前で太かったのをビシビシやって減らした感もあってちょっと怪しい。

シュウジの前走阪神Cは開幕週の良馬場にしては非常に時計のかかる馬場で、良馬場発表だったが実際は重馬場くらいだった。

上がり最速が軒並34秒後半から35秒台で開幕週の良馬場にしては相当重い馬場だった。

それにもかかわらず前半33秒8。

飛ばした先行勢は壊滅。

かかりまくったシュウジは1秒以上の大敗。

情状酌量の余地はあったとしても負け過ぎ。

阪急杯はG1が終わった後の余力のレースだったしタイムランクEなので勝ったものの評価は上がらない。

調教は相変わらず抜群。

ただいつも調教は良い馬。

ネロとこの馬は調教だけならG1馬だ。

前走低レベルのレースでかかって負けた馬をまたここまでビシビシ追っちゃっていいもんかな・・・。

奇数枠だしまたかかりそうだ。

◎メラグラーナ

メラグラーナは中団辺りから速い上りが使える馬で、坂をものともしないパワーもあり、このレースに最も適した馬である。

不良馬場に近かった京阪杯は度外視できる。

中山では3連勝だがその前の中京のフィリピントロフィーが圧巻のレースだった。

11番手で4コーナーを回り、大外をぶん回して直線半ばで既に先頭に立ち2馬身半突き放す圧勝。

中京1200mは相当合うコース。

馬体重も520kgと雄大。

ここは間違いなく勝つ。

フィエロ

阪神Cで勝ったシュウジが人気するならフィエロも評価しなくてはいけないのに人気は7番人気。

初の1200mと8歳で嫌われてるのだろうが阪神Cは15番枠から好位追走出来るスピードを見せたし直線鋭く伸びる末脚もあった。

シュウジが56kgで2番枠でフィエロが57kgで15番枠だったのも考慮したい。

枠も斤量もフィエロの方が厳しかったがどちらも上り最速でタイム差無しで1着と3着。

今回同斤量でフィエロ2番枠でシュウジ9番枠。

普通に逆転ありそう。

中京は3・0・0・1で唯一の負けも直線前が壁の超不利で何も出来ずに終わったレースなので実質中京では負けなしみたいなもん。

シャケトラが勝ち、今週は金子さんの馬は本気モードらしい。

重賞勝利こそ無いが相手なりに堅実に走るフィエロ

調教はシュウジソルヴェイグらが一杯に追っていたがフィエロ馬なり

15.1−13.4−12.4−12.1

と綺麗な加速ラップ。

1週前はウチパクが乗って一杯に追って49秒台という鬼時計を出してる。

この馬の特性的に2着か3着に来る。

▲セイウンコウセイ

シルクロードS2着のセイウンコウセイも注目している。

前走は11秒台前半の息の入らない厳しいラップが続く中で楽に3番手追走し、展開絶好だった勝ち馬ダンスディレクターとは同タイムの2着。

3着には差をつけたし逃げたソルヴェイグは失速して6着という厳しいレースを先行して良い結果を出せたのは収穫。

近走は+16kgで太すぎた白州S以外は5・5・0・0と超堅実。

ダートでも勝ってる様にパワーもあり荒れた馬場も大丈夫。

しかも騎手は三浦や松田といった重賞勝利も少なくG1は未だ未勝利の騎手でこの成績は凄い。

今回は松田がアレなので幸に乗り替わった。

幸は超一流ではないがG1を何勝も挙げている一流騎手であり松田よりは断然上だと思っている。

前が有利な流れなら上位に来れるのはこの馬。