読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バベルの塔

なんだかねえ。

カイシャのなかがおかしくないか、と思うのですね。根本的にコミュニケーションが取れない、というか、そもそも対話を嫌がる人が多い、というか。

たとえばウチのカイシャでは、もうかなりの割合の人、といってもまだ5割に行くか行かないか、というところですが、その人たちが内線電話機兼用のケイタイを持っています。外見はガラケーなのですが、携帯電話会社とそのような契約をすると、カイシャの内線電話として使うことができます。ケイタイなので、うっかり家に持って帰って、しかも出てしまうと「どこでも勤務」につながってしまうものです。

まずひとつ、それはおかしいのでは、と思うのは、そこへ電話されても出ない人が多数いる、ということです。彼の言い分は「知らない(登録していない)電話には出ない」と言うのですが、そうするとオマエはすべての内線電話を登録しているのか、という話になるので、固定の電話機の内線だった頃には「自分の電話」が鳴ったら必ず出たはずなのです。いつから気に入った電話にしか出ないというほどエラくなったんだ?

そのあおりでしょうか。今度は固定電話機の内線にかけても誰も出ない、という現象も多くなりました。これはウチの部でさえ起こっている現象で、鳴り続ける電話機を何人もが黙ってじっと見ているのです。ケイタイの内線のおかげで「これは自分の電話ではない」ということでアタマから出る気のない人と、電話機が何人かに1台となったので、できれば出たくない、という人たちになってしまったのですね。

そこでどうなっているかというと、本来はお客さまなり外部の業者さんなりがかけてくるべき外線の直通電話に電話をかけて、外線ですみませんけど××さんはいますか、ということで呼び出さないと、電話で会話をするのはむずかしくなっています。

そういう点では、内線のケイタイを机のなかにしまってしまっていたり、電源を入れない、という人も普通にいます。今や内線で誰かに連絡をする、というのはかなり確率の低い連絡手段になってしまいました。

ケイタイの内線化には少なくないお金がかかっており、さらにいちいち電話代を払って外線にかけているのですから、二重の出費になっており、馬鹿馬鹿しい限りなのですが、誰もそんなことは言いません。特に疑問に思っている人もいないようです。

そうかと思えば、ウチの部では、このケイタイの内線は「セキュリティ上の問題」で持ち出し禁止です。事務所の建物から外に持ち出してはいけません。だったら何のためにケイタイになっているのかよくわかりません。ウチの部に限っては夜間や休日に内線の呼び出しに出なくてよいわけですが、それにしたって本末転倒というか、何のためにしているのかわからない、というか。

昨日もこのケイタイの内線にかけて、何度もかけないと出てもらえず、ようやく出てもらったときには、「これはイタズラじゃないですよね。ホントに社内の人ですよね。」と何度も聞かれました。やはり「登録していない番号から」だからだそうです。

さすがにあきれて、これがお客さまからの電話だったら同じように無視するんですか、と、聞いてみたら、それはなんとなくわかるから出ます、だそうです。なんとなくかよ。そんなことをカンで決めるのか。

内線のありかたをもう一度見直すのとともに、ケイタイなんて本当に必要なのか調べたほうがイイよ。少なくともウチの部署では、コードレス電話機と同じ扱いなのだから、まるっきり無駄なお金でしょ。このあたり関心のない人が多いのですが、こういうコストを垂れ流しているのって、本来は給料として分配されるべきお金なのかもしれないんだよ。あるいは自分のお金だったら、月に何千円もムダになっているのをそのままにしておくか?