2.■関口宏の反日モーニング■森友学園 知事が不認可に言及(毎日)

関口宏反日モーニング

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1958897107&owner_id=2034063

■対日有害活動事件一覧

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1940455699&owner_id=2034063

■京大准教授に対北制裁核研究で総連系から奨励金受け取る 再入国禁止■北工作機関の直轄 日本技術核開発に転用か 総連「科協」1200人組織

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1952431419&owner_id=2034063

国立大学の現役研究者は、 科協で原子力分野の専門委員会に所属し、最近まで足繁く訪朝していたことが確認されている。

しかし、スパイ防止法のない日本で彼らを取り締まることは極めて困難

北朝鮮核開発の裏に朝鮮総連傘下のスパイ組織「在日本朝鮮人科学技術協会」あり

週刊新潮2016年1月21日号

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/01260400/?all=1

北朝鮮が日本国内から韓国内の工作員を操っていた! 明かされた情報機関「225局」活動の一端とは(1/4)

産経 2016.2.11 09:00

http://www.sankei.com/premium/news/160211/prm1602110013-n1.html

【衝撃事件の核心】 .

■日本を拠点にした工作活動の構図

http://www.sankei.com/premium/photos/160211/prm1602110013-p1.html

逮捕されたのは、朝鮮大学校(東京都小平市)の経営学部元副学部長、朴在勲(パクチェフン)容疑者(49)。

「スパイ天国」日本 絞殺活動の「踏み台」

 「スパイ活動に脆弱(ぜいじゃく)な日本を北朝鮮が足場に悪用する典型例だ。今回の事態は特異ではない。何度も繰り返されてきたことだ」。公安関係者は、今回の事件について、そう強調する。

北朝鮮は過去、多くの日本人を拉致したことが明らかになっている。日本を舞台にした諜報事件が数多く発生。戸籍を乗っ取り、日本人に成りすます「背乗り」で暗躍した工作員もいた。不正輸出事件が度々摘発され、核・ミサイル開発につながる先端技術を標的にしているとの指摘もある。

 ただ、日本はスパイそのものを取り締まる法制度はなく、工作活動を把握しても軽微な容疑での摘発にとどまるケースは多い。出入国は比較的容易で通信などのインフラも発達している一方、諜報活動の組織解明に威力を発揮する通信傍受は制限されている。朝鮮半島は地理的に近く「工作活動の拠点に格好のロケーション」(捜査関係者)だ。

 今回、明らかになった工作活動でも、日本は監視や取り締りが厳しい韓国を避ける“中継地”にされた。

■拉致の手引きは労働組合、歴史の目撃者が語る真実〜拉致問題共産党、秘書足りず異例の公募 衆院選で躍進13人増(朝日)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1936476486&owner_id=2034063

・・・・・・・・

■<森友学園>不認可の可能性言及 大阪知事

2017年02月26日00:03毎日新聞