療育幼稚園に通うことになり感じる矛盾

最近甥っ子の療育幼稚園に通っていて、度々思うのだが、子供たちは、みんな可能性に溢れているということ。

確かに、発達障害ADHDは育てるのが大変。

根気や体力、精神力が必要だ。

でも、そういう子供たちの発言する言葉や反応って、普通じゃないから、逆に新鮮で私はいつも目から鱗。

まぁ結局他人だから、そう思えるのかもしれないけどね。

だから、その沢山の可能性を潰して欲しくないなって思う。

みんな普通の幼稚園を断られた子達だけど、幼稚園ってやたら軍隊みたいに、全員同じ動きさせるやん?

で、規律を乱す子は要らないって感じがヒシヒシと伝わる。

私自身、多分今思えば幼稚園の頃はかなりの問題児だったから、無理やりみんなと一緒の行動をしなきゃいけない事が苦痛だったし、幼稚園も先生も嫌いだった。

なんか上手に友達も作れなくて、皆んなも私を変わり者扱いしてる感あったし、いつも遊びには入れてもらえなかった。

3月生まれで背も小さいから、ママゴトは赤ちゃん役ばかり。

だけど仲間に入れてもらえたのが嬉しくて全力で行う。

今思えば半分イジメだったと思うけど。。

当時は療育幼稚園なんて多分無かったし、先生は頭を抱えていたけど、なんとか通っていた。

昔は叩く先生も多かったから、小学校低学年までしょっちゅう叩かれた。

姉と比べられたり。正直、今は姉より良い人生送ってるし、姉より賢いと思うが。

なんにせよ、多少の発達障害レベルは個性で良いんじゃない?幼稚園からしたら迷惑なんだろうけどさ。

治した方が良いの?

大きくなったら、犯罪者になるとか引きこもりになるとかリスクあるの?

でもそれって、発達障害を逆撫でする対応を大人がするとなるんじゃない?

障害じゃなくて、個性的発達みたいなネーミングにすりゃいいのに。

医者や研究者に多いんだから、私としては少し羨ましいとすら感じる。自分の子供だったら、全力で種を蒔いてやりたいと思う。

何度も言うが、結局他人だからそう思えるのかもしれないが。

とにかく日本の枠からはみ出た子はオカシイ。無理やり枠内に収めようという考えは、指導者の勝手な考えに思えるな。

自画自賛

おはようございます。

大阪市内は今朝も晴れています。ちょいひんやり。

きのうはお仕事。

突然今晩の星空の絵がほしい、ということで、急きょ準備。

まぁ、特に凝った絵柄ではありませんでしたので、私にしては上出来でした。

「俺にしては上手にできたなぁ」としゃべったら、バイト君が「自慢ですか」とつっこんできたけれど、称賛をよこせという自画自賛と、普段よりうまくいったなぁという自画自賛とでは、意味が違うのだよ。

深夜作業大好き!なひとがお客様の夜勤でしたので覚悟していましたが、結局なし。

よかった・・・・

帰宅途中に駅で切符を出して、お帰りでした。

☆★☆★☆★

きょうは敵の問題はほぼないのですが、あすは次第に雨。

最優先で考えていた三重県での歩きは、あすのお昼前には雨が降りだすことが想定されるので、中止。

二つ目の計画として準備していた静岡県の歩きを行うことに。

こちらも、あすの昼までは大丈夫いだろうけど、午後は雨の可能性がありますが。

今日のほうがウェイトが大きいので、何とかなるか、と実行へ。

ということで、もうすぐ出動しなければならないので、そろそろ朝ご飯。

広告を非表示にする

下田への旅・その15

魚の餌やりショーも面白かった。

☆大量のイワシが群がる様子は圧巻。

☆エイヒレ、しばらく食べられへーん!

☆サボってるコザメがいるかと思いきや、夜行性?

広告を非表示にする

停滞中

6月5日、就職活動状態継続中です。

この日も仕事が「早く」終わりました。

勤務先を出たのが19時ごろ。

この日は木曜日。

特にイベントはありません。

この日はサン・サーカス市川へ行くコトに。

下総中山ヘ向かう。

下総中山到着は20時ちょっと過ぎ。

サン・サーカス市川へ。

まずは、サン・サーカス市川のWi−Fiを使用してアイドル検定の資料のVerUp。

…また、2時間以上があっと言う間に過ぎました。

流石にこれ以上続けると何のために来たのか解らなくなるので、ここで作業は中断。

QMAのトコロへ向かう。

QMAは3サテ埋まっていました。

コンタさんが居ました。

コンタさんの隣を早速占領。

この日はクララの誕生日前夜祭です。

ですが、検定を優先しました。

クララの誕生日は当日に祝います。

この日、QMA THE WORLD EVOLUVEは5回やりました。

きっさこだま アイドル検定

 2766 2796 2805 2730 2682

この日は検定のみ。

アイドル検定を進めました。

この日はSS到達どころか、自己記録更新すらありませんでしたよん。

まだ、これからです。

ちょっとダケ、コンタさんに手伝ってもらいました。

感触としては、もうちょっとレベルが上がれば、何とかなるカモしれません。

時刻は23時半ごろ。

この日はこれで終了。

店を出る。

この日はコンタさんと一緒に下総中山まで移動。

ちょうど、駅のホームに上がった頃に、上り電車が入線してきましたよん。

コンタさんとはここでお別れ。

次の電車は23時49分発の千葉行き。

電車はほぼ定刻に発車。

津田沼到着は0時ごろ。

津田沼からの次の電車は0時11分発のくぬぎ山行き。

時間に余裕があるので普通に移動。

家に着いたのは、0時20分ごろでした。

広告を非表示にする

やばい〜

本日は湯前中学校に読み聞かせにいきました。いつのまにか校長先生変わっていました。

途中で、忘れてしまいました。自分で作ったお話ですが、どういうリズムで読んでたか忘れてしまうハプニング。

数が増えるほど、わかんなくなっていくんだろうなあ・・・。

広告を非表示にする

今日も寄り道して歌ってきて♪4連荘になりました(*^_^*)

土曜日、日曜日と2日ともヒトカラ(ランバト)&ライブとなった6月最初の週末♪

ライブへ行く途中でランバトの内容を確認しては「ありゃま〜」となってしまったりして・・・

いろいろと課題は山積しています(^^;

そんな課題に早目に取り組みたいので、今日も仕事の後、歌いに行ってきました♪

今日の場所は「あそびば」の以前調子の良かった部屋です(*^_^*)

時間があまり取れませんが、2時間ほど楽しむ予定です♪

では、今日の成果を紹介していきます(^^)☆

・麦の唄(生音) / 中島みゆき  99.952点  2位

 目標のトリプルを頂きました!でもまだ2位・・・打破するには100しかない!ということで(^^ゞ

 まだ諦めずに頑張ります(^o^)/

・旅人のうた / 中島みゆき  99.476点  1位

 初動93.8〜とか頂きながら、結果がこれでは物足りない・・・これもまた再歌唱します!

・時代 / 中島みゆき  99.944点  1位

 この曲では初めてのトリプルだったと思います♪昨日はリズムに苦しめられましたね〜(^^;

・時代(生音) / 中島みゆき  99.601点  1位

 ちょっと中途半端ですが、リベンジ成功で1位を頂きました♪

・ごめんね…(プロオケ)(生音) / 高橋真梨子  99.116点  1位

 他のバージョンをリベンジ中に、誤って選曲してしまったので歌いましたが・・・

 この曲らしからぬ点数になってしまいました

で、結局「ごめんね…」はリベンジならず

時間が短いので、他の曲もどんどんやって行かないと追いつきません(^^;

・卒業写真 / 松任谷由実(荒井由実)  99.683点  4位

 右上復帰を狙いましたが叶わず・・・この赤い画面は大嫌いです!

 他にもこの状態になっている曲が何曲かありますが、1曲でも解決して帰りたいですね(^^)

時の流れに身をまかせ / テレサ・テン  99.842点  2位

 中途半端な点数しか獲れていないと、すぐにこうなっちゃいます(^^;

 6回も歌ってしまいましたが、これが精一杯でしたちょっと時間が少なすぎました〜

時の流れに身をまかせ(生音) / テレサ・テン  99.919点  2位

 人気の高い生音では右上から消えてましたが、2回歌ってトリプル獲得&右上復帰です♪

五番街のマリーへ / 高橋真梨子  99.837点  3位

 これも右上復帰を狙ってかなりの回数歌って、ようやく帰ってきました(^^ゞ

 トリプルも出ていたのですが、今日も叶いませんでしたまた後日の課題です!

予定を大幅にオーバーして、3時間も使ってしまいました

こんな事なら3時間パックにしておけばと後悔・・・もっと時間が欲しい感じでしたが

夜10時を過ぎてしまったし、明日も仕事なのでここは思い切って帰ります(^^;

少しは新規曲もやりたかったのですが、再歌唱にまた時間を使ってしまいました

まだまだやりたい曲はいっぱいあるのですが、それは明日以降に持ち越します。

それでも、トリプル3曲、右上復帰2曲は達成したので成果はありました♪

これで今月のトリプルは5曲になりました

やはりカラオケは楽しいし、ストレス発散になります。時間があればまた寄りたいです!

今日も読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

【ロシア】シベリア抑留の生存者、北海道出身の89歳「死ぬまでにもう一度日本をこの目で見たい」 [無断転載禁止](c)2ch.net

【ロシア】シベリア抑留の生存者、北海道出身の89歳「死ぬまでにもう一度日本をこの目で見たい」 [無断転載禁止](c)2ch.net

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496621715/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000009-mai-soci

http://jump.2ch.net/?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000009-m

ai-soci

◇「もう一度日本に」

第二次世界大戦末期の1945年に旧満州(現中国東北部)でソ連軍に捕まり、

シベリアで抑留された日本人男性がロシアで生存していることが新たに判明した。

抑留者のほとんどは56年12月までに日本へ帰還したが、外務省の資料によると、

約1000人がソ連にとどまったとされる。その男性が、初めて日本メディアの取材

に応じた。

「戦後、一度も日本に帰っていない。死ぬまでにもう一度日本をこの目で見たい」と

話している。

取材に応じたのは、北海道遠別(えんべつ)村(現遠別町)出身の田中明男さん(8

9)。

10代で陸軍に入り、満州関東軍に送られた。戦時中は機関銃を撃つ兵士として中

国人の

部隊と戦ったという。

大戦末期、満州に侵攻したソ連軍に捕まり、極東ハバロフスクの収容所で森林伐採

強制労働を強いられた。収容所には1000人以上の日本人のほか、多数のドイツ人

捕虜がいた。

抑留者の帰還が始まったころ、かつての上官に「兵士が生きて帰れば『裏切り者』と

して処刑される」

と言われ、ソ連に残ることを決めたという。

収容所から解放された後の60年代にソ連国籍を取得し、船員や集団農場の牛の飼育

係として働いた。

今はサンクトペテルブルクの南約60キロの小さな村ポギで、年金生活を送る。

近所の住民から「達者なおじいさん」と親しまれている。

田中さんによると、80年代にレニングラード(現サンクトペテルブルク)の日本総

領事館を訪れ、

「日本に帰りたい」と訴えたことがある。田中さんが満州に渡る前、父は北海道の登

別温泉で

旅館経営をしており、3歳年下の妹もいた。だが、総領事館から「お父さんはすでに

亡くなっている。

妹さんの連絡先は不明」と告げられたという。

現在の田中さんは「ありがとう」「忘れました」「座りなさい」などの片言以外、日

本語を話せない。

田中明男」の名前を書いてもらうと、「田中明」までは正確に書けたが、「男」は

「口」に「力」だった。

父トミキチさんや妹のキミコさんの名前は覚えているが、漢字では書けない。

田中さんの存在については露紙「論拠と事実」が4月初旬に報じた。記事をインター

ネットで読んだ

日本の人々が「訪日を実現させたい」と支援を申し出ている。田中さんは「とてもあ

りがたい。

生まれ育った遠別や、父が働いていた登別温泉を見ることができれば幸せだ」と話し

ている。

抑留生存者を巡ってはロシア南部カルムイキア共和国に住む中川義照さん(90)=

山形県出身=が

2006年に日本への一時帰国を果たした例がある。